目の周り 黒い



どうして目の周りが黒くなってしまったのでしょうか?

主な原因は、加齢によって目の周りが皮膚痩せを起こしていることが多いです。デリケートな目元のスキンケアを丁寧に行っていない人であればその可能性は高いです。

目の周りの皮膚痩せとは?

加齢によって皮膚内部のコラーゲンが失われることで皮膚が薄くなり、内部の色が透けて見えるようになります。コラーゲンが失われることによって皮膚内部に保っていた栄養素も流出してしまうため、さらに目元が黒くなってしまいます。

目元は他の箇所と異なり肌が薄くてデリケートですので、肌に優しく刺激を与えないものをつけないとかえって逆効果になることもあるので注意が必要です。目元は他の部位と違って専用に用いる「アイクリーム」が売られていますが、やはりこれくらい気を使うのが望ましいです。

目の周りの皮膚痩せを改善する方法

b.glenの目元専用のアイケアセットがオススメです。洗顔、化粧水、美容液、保湿クリームによって肌の内部にハリと潤いが蘇ります。程度が軽い人だと数日で目の周りの黒さが気にならなくなると思います。

b.glen(ビーグレン)

b.glenの公式ページへ

【b.glen(ビーグレン)の特徴】

アメリカの科学者ケラー博士が、スキンケアに悩む奥さんのために研究を重ねた末に完成した化粧品で、ガンの治療などに用いる高度な技術を使って、肌への高い浸透力を持つのが特徴。

広告宣伝をせずに口コミなどの紹介だけで売り上げを伸ばし続けている理由は使ってみるときっとわかるはずです。

b.glenの公式ページへ


とてもお得なトライアルセット(しかも返金保証付き)が用意されているので気軽に始めてみることができます(勧誘の電話が一切ないところも素敵です^^)


目の周りが黒い 病気



黒く見えるのは肝臓の不調が原因という可能性もあるようです。心当たりがある方は病院での検査をしてみることをオススメします。肝臓は痛みなどの自覚症状が出にくい臓器だそうですから、気になった時が検査する良いチャンスとも言えます。

ちなみに、肝臓の検査は血液検査や超音波検査が主となるのでとっても簡単です。肝臓の検査は何科に行けば良いか気になるところですが、消化器内科にいくのが良いです。受診するその日に超音波検査を希望する場合は、その日は何も食べずに病院へ行くと、超音波検査ができるのでスムーズです。(食べてしまった場合は翌日以降の検査となってしまいます)

重度な病気が見つからない場合は、皮膚痩せ対策をすることで目元の悩みは解決していくことでしょう。

■ご意見・ご感想はメールにてお寄せください